コンセプト

Alternative Theatre

有楽町から世界へ。
今までにないエンターテインメントを
発信する最先端劇場。

2017年7月、「日本のブロードウェイ」有楽町にグランドオープン。オルタナティブシアターはスタジオアルタが世界に向けて新たに発信する、最先端のエンターテインメント劇場です。世界中から来場されるすべての方が言葉の壁を超えて楽しめるよう、ノンバーバル(非言語)でのパフォーミングアーツ、そして劇場独自のワイヤーフライングシステムと共に、映像技術を駆使した、壁面および天井LEDシステムなどを導入し、迫力あふれるエンターテインメントを提供していきます。またロビーに足を踏み入れた瞬間から退場までのすべての時間に遊び心にあふれた演出を行うことで、ほかでは体験できない劇場空間づくりを実現しています。シアター名に冠した「オルタナティブ」は、スタジオアルタの社名の由来。既存のものにとらわれないという言葉を体現しています。日本エンターテインメント界に、今までにない新しい選択肢を提案していきます。

  • オルタナティブシアター LED

    見て驚く、聴いて驚く、
    触れて驚く感動演出

    シアター内の天井に敷き詰めたのは、美しいカラー動画を再現するLED。ほかにも音響と照明をコラボレーションさせるプログラミング機器、ワイヤーを使って演者が宙を舞うフライングシステムなど、 数々の装置を用意して、お客さまを引き込み劇場の空気感に触れてもらえる演出を可能にしています。

  • オルタナティブシアター 装置

    躍動する空気まで、
    感じる!

    オルタナティブシアターの客席数は、公演によって410〜462席。大きすぎず小さすぎず、どの席からもパフォーマンスがよく見えるレイアウトです。 劇場内にはぐるりとキャットウォークも配し、パフォーマーたちの自由でダイナミックな演技を可能にしています。

  • オルタナティブシアター ロビー

    ご来場瞬間から
    笑顔になるおもてなし

    オルタナティブシアターではお客さまを入口ロビーでお迎えするのは、支配人やスタッフだけではありません。スタジオアルタが生んだエンタメおもてなし集団「CRAZY TOKYO」(クレージートウキョウ)が公演前のひとときを賑やかに演出! オル劇来場記念の撮影など楽しみ方もいろいろです。

  • ALATA

    まずは
    オリジナル公演!

    オルタナティブシアターの公演は、スタジオアルタによるオリジナルの演目です。最新鋭の劇場設備のポテンシャルを最大限に引き出すパフォーマンスを実現します。 また、有楽町を訪れる外国人の方はもちろん、世界基準のエンターテインメントを構築することで、ラスベガスなど海外へのコンテンツの輸出も視野にいれています。

オルタナティブシアター ロゴマーク

オルタナティブシアターのマーク

「視覚」「聴覚」はもちろんのこと、躍動感が肌に伝わる「触覚」も。言葉を使うことなく3つの感覚に訴えるパフォーミングアーツの楽しみを、三角形のロゴに込めました。
大きな三角形に入り込んだ三角形の部分は観客の皆さまのこと。オルタナティブシアターは観客の皆さまの参加によって完成する劇場です。

概 要

名称 オルタナティブシアター(Alternative Theatre)
所在地 東京都千代田区有楽町2丁目5番1号 有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館7F
延べ床面積約 1,098m²(約332坪)
開業 2017年7月7日
席数 410席
交通アクセス JR 山手線「有楽町駅」 中央口・銀座口より徒歩3分

東京メトロ有楽町線「有楽町駅」 D8 出口より徒歩3分

東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」C4 出口より徒歩1分

東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線「日比谷駅」A0出口から直結